家庭左官のコツ ヤスリの種類と用途 槌の種類と用途
トルクレンチ のこぎり かんな刃・のみ
木槌をかんな刃に対して平行にし、両端を交互に叩いてください。
次に裏金を打ち込みます。
かんな刃を打ち込みます。
のみには柄尻が割れるのを防ぐため下輪がはめられてあります。木の収縮があるため、下輪は仮にはめてあるだけですので、
はずれる場合があります。ご使用の前に正しく調整してください。
柄をまわしながら玄のうの平面で下輪をたたいて抜きます。 金床など硬い平面の上で柄をまわしながら玄のうの凸面で
木殺しをします。
下輪が2分の1くらいまで柄に入るようになればよいでしょう。
下輪の上に出た1〜2mmの柄の
まわりを玄のうでたたきしめ、柄尻を球面状に仕上げます。
下輪の下方の内側を丸ヤスリでこすり、角を取る感じで面を取ります。
下輪をたたき込み、柄の端が
1〜2mm出るようにします。
金物・HI部トップページ
BACK(のこぎり)
Copyright (c) 1998-2017 Topman Co., Ltd. All Rights Reserved.