本文へスキップ

株式会社トップマン

6月のPick upはトップマンオリジナル栽培セット。

大人気の底面給水で育てる「教材用栽培セット」と水耕栽培で育てる「教材用水耕栽培セット」を紹介します。

商品紹介

「教材用栽培セット」


イメージ01

「教材用栽培セット」は底面給水で育てます。

透明カップに水がなくなったら、インナーポットを持ち上げ、透明カップとの隙間から水を与えましょう。

透明カップの水が濁ってきたら、水の入替を行います。

インナーポットまで水が浸かると根腐れの原因となりますので、注意してください。

「教材用水耕栽培セット」


イメージ02

「教材用水耕栽培セット」は養液(肥料水)に浮かんだ野菜が常に栄養を吸収します。

毎日、バスケットミニを揺らすことで、養液の腐敗を遅らせることができます。

1週間か10日に1回程度の間隔で、養液の入替をしましょう。

芽が出て本葉が出てくると、養液を吸い上げるスピードが速くなります。養液が少なくなってきたら追加して下さい。




『底面給水』と『水耕栽培』お知らせ

底面給水で育てる「教材用栽培セット」

「底面給水」とは、水を張ったカップにインナーポットを装着し、インナーポットの底の吸水ヒモで必要なだけの水分を吸い上げる仕組みです。
常に適度な水分が植物の根に供給されます。水がなくなるまでは水やりが不要で植物の栽培が簡単に出来ます。
教材用栽培セットは、透明容器を使用しているので水分量が一目でわかり、管理が楽です。


養液で作物を育てる「教材用水耕栽培セット」

「水耕栽培」とは、土を使わずバランスのとれた養液(肥料水)で作物を育てる栽培方法です。
水耕栽培は、水と肥料と光で作物を栽培します。
大掛かりな装置がなくても、簡単に栽培することができます。


株式会社トップマン

〒673-0404
兵庫県三木市大村58番10
TEL.0794-82-8601
FAX.0794-82-8992