Fさん

2015入社 教具部 企画室 Fさん

私が思う企画室で必要な人材。
学習意欲がある人・明るく前向きな人・発想が豊かな人・人前で話のできる人・自分の意見が言える人・相手の意見を尊重できる人、そして「これだけは人に負けない!」と思えることがある人。

チェック仕事の内容


教具部企画室は、中学校の技術・家庭科で使用する教材の開発を行っています。新しい教材の開発には、先生からの要望や指導要領をもとに長い年月をかけて完成します。教具部は各部門に分かれていますが、入社して一定期間は本社横の配送センターで出荷業務を行います。これから関わる商品(教材)や仕事の流れから覚えていきます。教具部全体のイメージもできるため、今後の連携がスムーズにできて安心です。

チェック印象に残っているエピソード


もっとも印象に残っているのは、「初めてのカタログ編集」です。企画室では、教具部のオリジナルカタログ製作も行います。私がカタログ編集で初めて担当したページが栽培の新教材でした。上司からアドバイスをもらい、見やすい様に教材を掲載していき、約5ヵ月かけて完成した時は大きな達成感が得られました。掲載した新教材が出荷されるのを見たときは、自然と笑顔になりました。

チェックおすすめ商品


教材:コロックル

コロックル

コロックルは、専用のプログラミングソフト(無料)を用いることでアラームを設定したり、明るさや温度によってLEDを点灯させたりすることができます。グループ学習で複数のコロックルを使えば下の画像のように色鮮やかに光るプログラミングもできます。また、メロディーを作成することもできるので自分だけのコロックルが作れます!

コロックル2   コロックル3
いろんな色に光ります!

チェックギャラリー


技術カタログのページ紹介
担当した栽培のページ

技術カタログ家庭科カタログ
平成30年度
トップマン技術・家庭科カタログ

チェックやりがい・頑張ったことについて


協力して行った仕事の達成感は格別です。完成した教材は代理店を通して全国の中学校へ販売されますが、教材が完成に至るまでに、他部署や仕入先の方の協力が不可欠です。そんな新教材が授業で活躍している達成感は大きいものです。また、その実感と喜びを他部署や仕入先の方々と共有できたとき、次へのモチベーションに繋がります。

チェック就職活動のアドバイス


企画室は、パソコンと向き合う時間が多いです。報告書等を作成するのにエクセル・ワードを使うほか、商品の説明やポスターを作成するのにイラストレーターというソフトを使用します。イラストレーターを導入している学校は少ないと思いますので、エクセル・ワードの基本的な使い方だけでも覚えておくと役に立ちます。教具部の営業であればパワーポイントを使用することもあります。
最後に自分にとっての楽しみを持っておくと、仕事も私生活も充実できると思います。

copyrightc2018 TOPMAN CO.,LTD. all rights reserved.